2010年02月01日

新曲、霜柱




少しずつ昇っていく 自動的にゼロへ向かって 
私の体凍りついて それでも上を目指す

どれだけ歩けば 暗い道は途切れるのか 
どれだけ進めば 暖かいこの闇から開放される

辿り着いた場所に何が待ってるかってそんな事 何も期待しちゃいない
昇ったあとは自分の力で降りていくだけ それだけ だから

踏んでください 足元にはどうぞお気になさらず せめて
踏んでください どうせ消えゆくものですから


クシャっとした音でやっと気づかれる 泥だらけのつぶれた霜柱
早く解けてしまいたいのに いつまでも氷ったままで


だから
踏んでください 粉々になるくらい何度でも強く
どうか
踏んでください 消えてなくなりたいのです
posted by Jeanya at 06:31| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。